★知らなかった銀行印の常識!オリジナルのマイ印鑑を作る際にご参考に!!★

日本は印鑑社会なので、様々な場面で認印などが必要になってきます。そして、口座開設の際にも銀行印が必要となってきます。お金を管理するために必要な印鑑なので、偽造防止のために高いセキュリティ性を持った銀行印を作ることをおすすめです。100円ショップなどの印鑑は偽造されやすいので絶対に止めましょう。銀行印の書体としては、篆書体や印相体を用いる人が多いです。これらは、偽造されにくい複雑な字体なので防犯面からもおすすめです。また、他の印鑑と区別し易いよう横彫りで作るのが一般的とされています。縦彫りだと「上からくる金運を受け止められない」といった縁起を担いで横彫りにする考え方もあるようです。他にも、女性の場合は結婚しても面倒にならないよう、姓ではなく名で作る人が多いそうです。これは女性に限ったことではなく、子供が多いと名前で作ったほうが、管理が容易といったメリットがあります。次に銀行印を作成する際に悩むのがサイズだと思います。男性と女性とでは銀行印のサイズが異なっており、男性では13.5mm~15.0mm、女性は12.0mm~15.0mmが一般的です。ですが、男性なら13.5mm、女性なら12.0mmが手に馴染んで使いやすいと思います。いっぽう、法人銀行印は、一般的に16.5mmサイズが主流となっています。素材に関しては、動物の角系は耐久性があり木材よりも長期間使用可能です。予算とのバランスを考慮して作成すると良いでしょう。

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です