月別アーカイブ: 2017年6月

★再受験生に強い慶応進学会フロンティアとは?★

医学部再受験生にとって医学部合格は非常に難易度の高い挑戦であり、相当の覚悟をもとに勉強へ取り組むことだと思います。年齢に寛容ではない医学部も存在し、1年でも早く合格するために医学部予備校選びも現役生以上に重要性が高まります。学費の安い大手予備校に行く再受験生も少なくありません。ただし、大手予備校は学費が安い分、生徒一人ひとりに対するサポート体制は医学部予備校に劣っています。したがって、合格できずに医学部予備校へ移り、結局的に時間とお金を浪費している生徒がたくさんいます。もちろん、経済的負担の軽い環境で学ぶに越したことはありませんが、医学部入試は簡単ではありません。だからこそ自分にとって最高の学習環境で学ぶことが大切になってきます。その方が結果的に近道であり、お金の節約にもつながります。医師になればそれなりの収入が期待できるので、初期投資と思ってここはカットし過ぎないようにしましょう。医学部予備校は沢山の校舎が開設されていますが、医学部再受験生を対象に手厚い指導を行っている予備校の数は限られています。その中でも特に合格実績が豊富なのが慶応進学会フロンティアです。東京の麹町に校舎を構える当予備校は、多浪生や再受験生を数多く医学部へ合格させており注目を浴びています。偏差値40から医学部合格者を多く誕生させており、もともと指導力の高さで定評がある医学部予備校です。豊富な実績とノウハウをもとに、多浪生・再受験生向けに独自のプログラムを開設し、専門的にサポートしているのが特徴です。再受験生は年齢や学力面で現役生よりもハンデを背負っているため、指導が厳しいようです。ただし、面倒見が良く決して生徒を見放すことがないので、頑張って付いていけば自ずと合格が見えてきます。興味がある方は、一度個別面談を受講してみると良いでしょう。レベルの高さと医学部合格へ導く情熱を肌で感じ取ることができるはずです。社会人になってから20年後に医学部合格を実現できた再受験生もいるので、後に続いてみてはいかがでしょうか。また、慶応進学会フロンティアには、コースによって合格保証制度を設けています。たとえ医学部に合格できなくても翌年度の授業料が全額免除になるため、経済的に安心でおすすめです。特に医学部再受験生は一発合格が難しいため、リスクヘッジとして利用しても良いでしょう。

慶応進学会フロンティア